不動産投資を始めたい人のための紹介サイト

肝心な物件はどうやって探すの?

不動産会社に依頼する

投資物件を探す方法としてまず不動産会社に見つけてもらう方法があります。
紹介してもらう方法は2つの方式があり、「売主」と「仲介」があります。

「売主」というのは投資物件を購入する相手が不動産会社になります。
売主が不動産会社自身になるので、仲介手数料がかからないというメリットがあります。

一方で「仲介」というのは買主と売主の間に不動産会社が間に入って契約を行うことです。
「売主」と違って、不動産会社はあくまでも仲介役になるだけです。
なので仲介手数料が発生します。

この2つの違いは仲介手数料の有無だけでなく、保証も異なります。
不動産会社は保証を付けなければいけませんが、個人が売主の場合は責任自体を負わないということもできます。
なので、買主にとっては不動産会社から購入した方がいいかもしれません。

自分で探す

不動産投資物件を探す方法としてもうひとつの方法は自分で探すやり方があります。
やり方として、インターネットの物件検索サイトで探す方法です。
利回りや立地条件、価格など希望条件を入力して該当物件を探します。
さまざまな不動産投資の検索サイトがあるので、利用してみるといいです。
他にも検索サイト以外にも競売で落札するという方法があります。
ですが、最近では落札価格が高騰してしまっているので、あまりオススメできません。
競売で落札するのなら、検索サイトや不動産会社を利用することをオススメします。
自分のペースでゆっくり探していきたいと思う人は自分自身で探してみるのもいいかもしれません。
ですが、不動産会社の方が未公開物件をかかえていることもあります。


TOPへ戻る