不動産投資を始めたい人のための紹介サイト

投資物件はどんな種類があるのか知ろう!

マンションタイプ

代表的な物件の種類としてまずはマンションタイプがあり、その中でもファミリーマンションタイプとワンルームマンションタイプがあります。
ワンルームマンションは単身者が入居者になることがほとんどです。
空室期間も短く、お部屋の広さもそんなに広くないためリフォームなどのメンテナンス費用も低く抑えることもできるので投資効率が高いです。
そして中古のワンルームマンションだと利回りや価格の面などを見ても優れているとも言えます。

一方でファミリーマンションタイプはワンルームマンションに比べて価格は高くなるので、利回りは低くなります。
そしてファミリーだと手狭になったりして一戸建てなど購入してしまうので、入居期間は短くなる傾向があります。

アパートタイプ

もうひとつの投資物件種類はアパートです。
アパートに関しては、本当に需要のあるエリアを選ばないと失敗してしまいます。
安易に土地があるからと不動産投資をしてしまうと収益が回らない可能性があります。
郊外や駅から遠いと空室になってしまうリスクがありますので注意しましょう。

あと、よく不動産会社が家賃保証(サブリース)をしてくれるケースがありますが、それをあてにしてはいけません。
家賃保証というのは、入居状況や社会情勢に合わせて家賃を見直されてしまいます。
最初の家賃保証が高いからといって安易に選んでしまうと、後々後悔してしまいます。
家賃保証が良いから、と選ぶのではなく、あくまでもその投資物件が需要があるのかどうかを確認してから購入しましょう。


TOPへ戻る